鼻の黒ずみ・いちご鼻の正しいケア方法と間違ったケア方法について考えてみると…

鼻の黒ずみが気になり、いわゆる、イチゴ鼻という状態になって、たとえ近所でも外出する時はファンデーションが欠かせないという女性は少なくないだろうと思います。
また、女性だけでなく、鼻の黒ずみは女性より皮脂の分泌量が多い男性にも起こりやすく、気になっている方もいるのかもしれません。
一生懸命ケアしているのに、一向に改善しないとお悩みの方、方法は間違えているのではないでしょうか。
鼻の黒ずみのケアは、いちご鼻ケアは間違った方法で行うと、却って悪化させてしまうこともあると思っています。
効果的な正しい方法で行うことがとても重要だと思うのです。
そもそも、鼻の黒ずみはどうして起こるのでしょうか。
その主な原因は、角栓だと思います。
角栓とは剥がれた古い角質と皮脂が混ざりあい、毛穴に詰まってしまったものらしいです。
皮脂は酸化すると黒くなるので、毛穴に角栓があると黒っぽく見えるらしいのです。
また、強い刺激や紫外線による色素沈着も黒ずみの原因となるみたいです。

いちご鼻、鼻の黒ずみを解消するのに、もっとも重要なのは正しく汚れを落とすこと、つまり洗顔だと思うのです。
ごしごしと強くこすったり、皮脂と古い角質を根こそぎ落とそうとスクラブをしたりするのは肌の負担になり、色素沈着が起こりやすくなるみたいなのでやめた方がいいと思います。
強くこすってしまうと汚れを落とすどころか、より毛穴の奥へ押し込んでしまうとかそんなこともありえるかもしれません。
洗顔料を泡立て、たっぷりの泡で顔を包み込むように洗うと良いと思います。
手ではなく泡のクッションで優しくマッサージするように洗うのがコツだと思っています。
たっぷりの泡で洗うことで泡が毛穴の奥まで入り込み、自然と汚れが浮き出てくるのかもしれません。
汚れが浮き出たら、泡をぬるま湯でしっかり流しましょう。
洗顔後の保湿も忘れないようにしましょう。

鼻のケアの定番といえば剥がすタイプの毛穴パックですが、これは使用後に毛穴がしばらく開いたままになるのであまりおすすめできないものだと思っています。
どうしても使いたい方は、使用後に冷水でパッティングしたり、収れん化粧水を使って開いた毛穴を引き締めたりとかしましょう。
毛穴が開いたまま放置するのは、再び汚れが溜まりやすくなるらしいので絶対にやめましょう。
まあ、引き締めたとしても、パックを引き剥がす時に、皮膚も一緒に剥がれて、お肌に大きなダメージを与えるので、多少マシになるとか、そんな程度の話だと思うんですけどね。
角栓の元になる皮脂の分泌を抑えることも大切かもしれません。
油っこいものを食べすぎないようにしたりとか良いんじゃないでしょうか。
皮脂分泌をコントロールするビタミンC誘導体配合の化粧水を使うのもおすすめかもしれません。
また、前述した通り黒ずみケアでは洗顔の仕方が重要ですが、洗いすぎもよくありませんとか聞いた事があります。
お肌にとって必要な皮脂まで取り除かれ、逆にその事によって皮脂分泌が活発になってしまうみたいです。
洗顔は朝と晩の二回で十分だと思います。
次に、色素沈着による黒ずみの場合ですが、このケースは自力で改善するのが難しいんだと思います。
色素沈着の原因は紫外線や直接の摩擦、肌に合わないものや刺激の強い化粧品を使うことによって起こるみたいです。
このため、紫外線対策や強い刺激を避けることで悪化を防ぐことができるみたいです。
最後に、肌のターンオーバーを正常に保つことも大切とかそんなことも聞いた事があります。
スキンケアをきちんとするのはもちろんですが、バランスよく食べること、休養すること、ストレスを溜めないことを心がるといいらしいですね。
内側の不調はお肌にも出るみたいなので、肌の悩みを抱える方は日々の生活も見直してみましょう。
正しいケアを続けることによって、黒ずみのないきれいな鼻を手に入れたいです。

いちご鼻に悩んでいる方には、こちらのサイトがおすすめですよ。
いちご鼻撃退!今日からできる鼻の黒ずみ除去対策

 

◇メイク汚れをしっかりと落とそうと思って…◇
若い頃は、お肌が綺麗と周りから絶賛されていた事もあったような気がします。
そのため、あまり肌ケアには力を入れていませんでした。
でも、社会人となり仕事を始めてからはストレスも溜まり、暴飲暴食してしまうことも多くなってしまい、メイクをしたまま寝てしまうということも多々ありました。
その頃から、だんだんと毛穴の黒ずみも気になるようになり、このままではダメだと思って毛穴ケアをしっかりしようと思いました。
とりあえず、メイク汚れをしっかりと落とすことが大切だと思い、洗顔を入念にするようにしました。
でも、洗顔をしていてもあまり毛穴の状態が良くならないどころか、乾燥も気になってしまい、今までよりも悩みが大きくなってしまいかなり落ち込みました。
精神的にも参ってしまっていた時に、友人から洗顔のしすぎも良くないし保湿が大切だと言われ、洗いすぎないようにして、保湿にも力を入れるようにしたところ、本当に毛穴の状態が良くなってきたのでびっくりしました。
毛穴が汚れていることが気になっても、洗顔し過ぎれば良いというものではないんだな、と気がつくことができて本当に良かったです。
勿論、洗顔しすぎが良くないとは言っても、メイクはしっかり落とさなければならないということは確かですが、何でも程々にすることと年齢を考えて日頃からしっかりケアしていこうと思いました。
特に最近は、暴飲暴食で肌荒れも気になっていたし綺麗な肌を手に入れるためには内側から美しくしていかなくてはならないんだなと実感しています。

◇鼻の毛穴汚れのスキンケア方法について◇
私は以前から鼻の毛穴汚れを気にしており、どうしたら綺麗になるようなケアができるのか悩んでいました。
毛穴の詰まりは指や爪で押したり、専用の先が細くなっている器具で取り除くことをやっていた時期もあります。
ですが、そうすると周囲の肌を傷つけてしまったり、負荷を与えてしまう印象があって、この方法は正しいケア方法なんだろうか、と思いつつやっていました。
また、毛穴のつまりを取り除いても、しばらくすると再び毛穴に汚れが溜まってしまうこともあり、なかなか改善策が見つからないままでした。
そんな時に、ふと気が付いたのですが、私の場合、毛穴が詰まってしまう原因は、毛穴が開ききってしまっていて、そのため汚れが溜まりやすくなっているようだと思ったのです。
そこで、毛穴を引き締めるためのスキンケアを行おうと思いました。
具体的には、まず最初に、毛穴洗浄効果があり、天然成分使用で肌にも優しいというクレンジングを使うことから始めました。
メイク後は毛穴に汚れが溜まりやすいこともあり、まずはしっかりと落とすことが大切だと思ったからです。
そしてクレンジング後に、しっかりと保湿を心掛けるようにしました。
その結果、多少改善した感じでしたが、元が結構ひどい事になっていたので、こんなんじゃあ、いつまで経っても綺麗にはならないと思い焦ってしまいました。
そうして、毛穴のケアを行うとともに、開いてしまった毛穴を改善するために、美容皮膚科に通うようになりました。
レーザーを照射してもらい、毛穴を引き締めるとかそんな感じの事ができると聞いたためです。
レーザーはある程度の期間、通って照射を続ける必要があるらしく、なかなか完全に毛穴の見えないような肌にはなれませんが、それでも以前と比べれば、かなり毛穴汚れや毛穴の開きが改善されていると思えるようになりました。

イチゴ鼻対策に有効な方法は結局は地道なケアを続けていく事なのだろうと思う

イチゴ鼻対策では、角栓パックや毛穴パックなどよりも、丁寧な洗顔と洗顔後の引き締めケアを地道に続けていく事が改善にも再発防止、予防にもつながるんだろうと思います。
まず、蒸しタオルを鼻に数分乗せて毛穴を開いてから、弱アルカリ性とかそんな感じの石鹸などをしっかりと泡立ててから洗います。
この時、ゴシゴシこすると肌に負担がかかるらしいので、泡を毛穴に押し当てるように洗います。
すすぐ際には、洗顔にかけた時間の2倍から3倍とかそのくらいの時間をかけて、すすぎ残しのないように丁寧にすすぎのが良いと思います。
最後に、ビタミンCの配合されている化粧水を使って、再び汚れが入らないように毛穴を引き締めつつ保湿を行います。
イチゴ鼻が気になるからと、洗顔しすぎると肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまうらしく、それにより皮膚が乾燥したりとかそんな原因で、余計に鼻に汚れが付きやすくなるらしいです。

◇私が試して効果が得られた鼻の黒ずみを改善する方法は…◇
私は元々、鼻の黒ずみがとても気になっていたので、気づいた時に指というか爪で、角栓を無理矢理に押し出してしまったり、毛穴パックを頻繁に使用して、毛穴に汚れが詰まらないようにしていたつもりなのですが、指で押し出すと指先に付着している雑菌が肌に付いてしまうとか、押し出す事でお肌にすごい負担がかかる事とか、そんな感じの事を知ってからは、お手入れ方法を改善することにしました。
毛穴に詰まりやすい皮脂汚れは、主に肌の乾燥が原因で皮脂が過剰分泌することで起こるらしいので、まずは保湿効果の高い化粧水と乳液に変えてじっくりお手入れをするようになってからは、毛穴の詰まりがやや改善してきて、更にテカりにくくなっているような気がしてきました。
(関連:鼻の黒ずみ・いちご鼻の正しいケア方法と間違ったケア方法

◇イチゴ鼻を改善する方法◇
イチゴ鼻を改善するためには、何よりも洗顔とか保湿とか、日頃の基本的なケアが大切だと言われてと思います。
そこで、私が効果的な洗顔の方法だと思っているものを紹介します。
まず、洗顔を行う前に、蒸しタオルを顔の上に数分ほど置いて、毛穴を開いておくと汚れが落ちやすくなると思います。
そして、朝はぬるま湯だけで洗い、夜は洗顔料を泡立てネットでしっかりと泡立ててから、手が直接顔に触れないように優しく洗うと良いと思うのです。
この時、汚れを落とそうとして洗い過ぎてしまうと、イチゴ鼻の改善に逆効果になる可能性があるように思うので注意した方が良いと思います。
それから、肌をこすらないように注意して、丁寧にすすぎ、毛穴を引き締めるために、最後に冷たいお水ですすぐと効果的なんじゃないだろうかと思います。

気になる鼻の黒ずみを爪で出すのはやめてオリーブオイルで優しくケアする事にした

鼻の黒ずみがあると鏡を見るたびに気になり、つい爪で掻き出そうとしてしまいます。
しかしそれによって毛穴にばい菌が入ってニキビが出来てしまったり、余計に毛穴が開き黒ずみが目立つようになってしまいました。
そこで何かいい方法はないかとネットで調べると、オリーブオイルでマッサージすると角栓が簡単にスルッと取れるという情報があったので試してみました。
マッサージする前に洗顔し、時間があれば蒸しタオルなどをしばらく顔に乗せて毛穴を開いておくとより効果的だそうです。
鼻にオリーブオイルを塗って手で優しくマッサージしてから、少し絞るように摘むと白い角栓がにゅるにゅる出て来ました。
この様子を見た時はとても快感で癖になりそうでした。
ただ、あまりやり過ぎると良くないのでこの方法で鼻の黒ずみを綺麗にするのは、週に1回程度のペースにしています。

◇マスクで生活してみたところ◇
鼻の黒ずみを防ぐために並々ならぬ努力をしてきた私ですが、最も効果があったのは「マスクで生活をすること」でした。
それまでの私の努力と言えば、「毛穴が開いているから異物が混入して鼻が黒ずむんだ」という発想から、ひたすら毛穴を閉じることばかり考えていたのですが、鼻の黒ずみは一向に改善しませんでした。
そんなあるとき、顔の脱毛をしたきっかけで紫外線対策をしなければならなくなり、数週間マスクで生活をしていたのです。
マスクと言えば、口周りに熱がこもるわけですから当然鼻の毛穴は開きます。
これは当時の私にとってはかなりの恐怖でしたが紫外線への恐怖心の方が上でした。
そして結果的に、みるみるうちに鼻が綺麗になっていったのです。なんでかは分かりませんけど。

◇鼻の黒ずみを綺麗にするならこれ!みたいな方法は何かないの?と思って◇
私は昔から汗かきで肌がべたつきやすく、鼻の黒ずみが気になっていたのですが、社会人になってからは化粧崩れが気になってこまめにファンデーションを塗り直すせいか余計に毛穴がつまってどうしようもない状態になっていました。
そんなときに私が鼻の黒ずみを綺麗にするために使い始めたのがジェル状のパックです。
ジェルなのでしっかりと毛穴に入り込み、時間が経つと固まってペリペリとはがすことができるのですが、はがした後のパックを見てみるとばっちり黒ずみが取れているのが分かり、何とも言えない爽快感です。
それからキレイにパックを流して化粧水などで肌を整えれば毛穴の目立たないきれいな鼻になりますし、あごやおでこのべたつきも気にならなくなりました。

◇いちご鼻にならないための日頃のケア◇
いちご鼻の原因は、分泌された皮脂や古い角質によって毛穴が詰まり、それが角栓となります。
そして、この角栓が酸化することにより、鼻が黒ずんでしまうというわけです。
このいちご鼻にならないために、日頃からケアをする必要があります。
まず、石鹸を手に取り、泡立てて洗顔します。この時、顔をやさしく洗うのが大切です。
(関連:鼻の黒ずみ・いちご鼻の正しいケア方法と間違ったケア方法について
次に、顔をタオルで拭きます。
この時も、ゴシゴシと肌を痛めつけるような拭き方ではなく、やさしく拭くようにしなければなりません。
これらのことを朝夕、2回やることが肝要です。
この他にも様々なやり方がありますが、よく爪等で無理に角栓を取ろうとして、皮膚を傷つけてしまうことがありますので注意が必要です。